長財布の手入れについて

長財布は二つ折りや三つ折りよりも表面積が広く、傷や汚れが目立ちがちです。
長く使うにはポイントがあり、それをおさえていれば何年も使い続けることができます。

まずは財布の小銭入れについてです。
二つ持ちが苦ではない人は、小銭入れを別に持っても良いでしょう。
一つの財布にまとめたい人は、できるだけ小銭を少ない状態で持ち歩くようにしましょう。
500円は3枚まで、100円や10円は5枚くらいまでにすると綺麗な財布の形を維持できます。

次に、専用のクリーナーでこまめに手入れすることです。
革素材専用のクリーナーと眼鏡拭きのような柔らかい布を用意して、少し汚れが気になったらすぐに拭いてしまいます。
早めに拭くことで汚れがこびりつきにくくなります。

最後は、長財布の居場所を作ることです。
かばんの中に適当に入れていては傷がつきやすくなります。
色が薄いものは、他のものと擦れて色移りする可能性があります。
長財布はかばんの中で広く場所を取ってしまいますが、チャックの中や書類を入れる部分など、一度場所を決めてしまえば格段に傷を減らすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です