後ろ姿はイメージしてはいけない

時々、繁華街やショッピングモールなど人が沢山集まる所を歩いていて気になる事があります。
それは大学生くらいの若いお兄さん達の後ろ姿です。
大きいゴツゴツの長財布がズボンの後ろポケットに苦しそうに収まっているのを見ると、何とも言えない気持ちになります。

長財布を使いたい気持ちは分かりますが、収まりきれてないですし、後ろ姿もスマートじゃありません。
ズボンの形も崩れる原因になりますし、せっかくの長財布も学生鞄のようにペチャンコになってしまいます。
また、警戒心の無さを後ろ姿で公言しているとも思います。
日本は安全な国でスリなどの犯罪も少ないという感覚が現在もあると思いますが、最近は外国人観光客が増えています。
外国人観光客のいいカモになるとまでは言いませんが、トラブルや誤解を招く恐れがある事を意識して欲しいなと思います。

好きな物を身に付けることは何も悪くありませんが、一度後ろ姿も見て欲しいと思います。
好きな物が本当に恰好良くきまっているかどうかを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です