長財布にこだわってみてはいかがでしょうか。

財布の種類っていろいろありますよね。
二つ折り財布・三つ折り財布・小銭入れ・札入れ・がま口財布・ミニ財布など。
昔はコンパクトな二つ折りや三つ折りの財布を使っていましたが、大人になってからは長財布ばかり買うようになりました。
長財布ばかりを買うようになったきっかけは、「新札を折りたくなかった」ただそれだけの理由です。いざ!という時に新札があるととても便利なので、とっておきたかったのです。

しかし、ある時に新札は早く使った方が運気が上がるということを耳にしました。
本当か嘘かは正直良くわかりませんが、その時からある程度の新札は残しつつ、残りの物はすぐに使うようになりました。
長財布は、新札を折らなくてもいいのはもちろん、カードの収納が多く外ポケットもついていて、小銭が見やすい所も気に入ってます。
小銭がたまるとカバンが重くなるので、コンパクトな財布にも心が揺れる時もありますが、今の所は長財布にこだわっています。

男性でも女性でもTPOにあった服装、小物を持っていると一目おかれるのは間違いありません。
まずは簡単なアイテムから取り入れてみるのはいかかでしょうか?
余裕があればTPOに合わせて購入するのがいいかと思いますが、なかなかそうはいきません。
そこでビジネスシーン、冠婚葬祭、プライベート関係なく使える、オールマイティなタイプの物を選んでみてはいかがでしょうか。
お財布は意外と見られることの多いアイテムだと思います。
良いお財布を持っているだけでもステータスだと思います。
そういった意味でもお財布は取り入れやすいアイテムではないでしょうか。
そしてTPOを選ばず使い回しができるいいお財布は贈り物としても喜ばれると思います。

色を選べばビジネスシーンでも十分活躍できる高級さがあるので、目上の方にプレゼントするのにも良いかもしれません。
経年変化が楽しめるので、長く楽しんで欲しいものですね。
参照:長財布を誕生日や記念日のプレゼントに

個人的に女性は、比較的二つ折りタイプのものをよく使用していたように思うのですが、最近はバッグから長財布を取り出している方を多く見かけるようになりました。
バッグを持ち歩く、財布に纏めて入れておきたい情報が増えてきたという感じでしょうか。
これは、女性の社会進出度と深く関わってくるのかもしれません。

女性用とは書きましたけど、女性用・紳士用と区別して売られている長財布もありますが、ユニセックスを売りにしているメーカーやブランドも沢山有ります。
以前は、シンプルなものが欲しければ紳士用品売り場に出向くしかなかったのですが、今はシンプルで手に馴染みの良い長財布もかなりたくさん見かけるようになって、選択肢も選ぶ楽しみも増えています。

カードやショップカードなどもある程度入れたいとなると、長財布の方が便利ですよね。
女性用の二つ折りタイプのものは結構な厚みになりますし、出し入れするためのアクションも、長財布の方が二つ折りタイプのものより「開く」というアクションが1つ少なくて済むうえに、開けば全てが見渡せるというのも財布が好まれる原因かもしれません。

デザインと実用性を兼ね備えた麻の長財布

昔、麻を編んだ非常に柔らかい長財布を愛用していました。
柔らかい手触りやデザインが気に入っているというのはもちろんですが、一番大きな理由は仕事中に邪魔にならないことです。

当時、私は小型トラックのドライバーをやっていて、かなり長時間シートに座った状態で1日を過ごしていました。
以前は分厚い長財布を使用していたのですが、お尻のポケットに入れたままだと座り心地が悪いし、忙しく出入りするので車のどこかに置くと見失ってしまうことが多々ありました。

麻の長財布はお尻のポケットに入れたまま座ってもほとんど違和感がありません。
財布一つでも仕事に対する集中力が全然違ってくるのです。
アメリカ旅行中に観光ショップで何となく買ったものなのですが、こんなに役立つなら複数買っておけばよかったと後悔しています。
日本のお店やネットなどでかわりになるものを探しましたが、手触りや柔らかさでしっくり来るものにはいまだお目にかかれません。

後ろ姿はイメージしてはいけない

時々、繁華街やショッピングモールなど人が沢山集まる所を歩いていて気になる事があります。
それは大学生くらいの若いお兄さん達の後ろ姿です。
大きいゴツゴツの長財布がズボンの後ろポケットに苦しそうに収まっているのを見ると、何とも言えない気持ちになります。

長財布を使いたい気持ちは分かりますが、収まりきれてないですし、後ろ姿もスマートじゃありません。
ズボンの形も崩れる原因になりますし、せっかくの長財布も学生鞄のようにペチャンコになってしまいます。
また、警戒心の無さを後ろ姿で公言しているとも思います。
日本は安全な国でスリなどの犯罪も少ないという感覚が現在もあると思いますが、最近は外国人観光客が増えています。
外国人観光客のいいカモになるとまでは言いませんが、トラブルや誤解を招く恐れがある事を意識して欲しいなと思います。

好きな物を身に付けることは何も悪くありませんが、一度後ろ姿も見て欲しいと思います。
好きな物が本当に恰好良くきまっているかどうかを。

長財布のメリットとデメリット

長財布を使用するにあたってのメリットとデメリットを紹介したいと思います。
まずデメリット。それは一番にかさばることです。
女性はたいていバッグもコンパクトなものを好みますので、財布がバッグの中で場所をとるとストレスを感じます。

次にに小銭が取り出しにくいことです。
一般的に長財布の小銭入れスペースは狭く、開きにくいので使い勝手が悪いように感じます。
買い物の際、なんの小銭があるか見にくいと急いでいればお札で支払してしまうことが多く、その分無駄に小銭が貯まっていき財布が重たくなるのも悩みです。

次にメリット。それはお札がキレイにしまえることです。
折り目も付かないから気持ちがいいし、取り出しやすいです。
折り畳み財布に比べポケットも充実しているのでレシートや、クーポンなどをきれいに整理してしまっておけることもメリットの一つです。
あとは高級感が出ること。これは完全に個人的な意見ですが長財布の方がお高そうに見える気がします。
これらの特徴を踏まえ普段のスーパーなどでの買い物には長財布、友人とご飯や一人で遊びに行くときはかさばらない折り畳み財布と使い分けるようにしてみてはいかがでしょうか。

長財布の手入れについて

長財布は二つ折りや三つ折りよりも表面積が広く、傷や汚れが目立ちがちです。
長く使うにはポイントがあり、それをおさえていれば何年も使い続けることができます。

まずは財布の小銭入れについてです。
二つ持ちが苦ではない人は、小銭入れを別に持っても良いでしょう。
一つの財布にまとめたい人は、できるだけ小銭を少ない状態で持ち歩くようにしましょう。
500円は3枚まで、100円や10円は5枚くらいまでにすると綺麗な財布の形を維持できます。

次に、専用のクリーナーでこまめに手入れすることです。
革素材専用のクリーナーと眼鏡拭きのような柔らかい布を用意して、少し汚れが気になったらすぐに拭いてしまいます。
早めに拭くことで汚れがこびりつきにくくなります。

最後は、長財布の居場所を作ることです。
かばんの中に適当に入れていては傷がつきやすくなります。
色が薄いものは、他のものと擦れて色移りする可能性があります。
長財布はかばんの中で広く場所を取ってしまいますが、チャックの中や書類を入れる部分など、一度場所を決めてしまえば格段に傷を減らすことができます。